スポンサーサイト

  • 2013.08.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


12月27日(土)早朝 港ペディ

JUGEMテーマ:BCL


TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0515- / 4976kHz / R.Uganda / 35333
0515- / 4965kHz / CVC-Zambia / 45333
0530- / 3396kHz / R.Zimbabwe / 25332
0530- / 4780kHz / R.Djibouti / 45343
0530- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35333
0530- / 11735kHz / V.O.Tanzania-Zanzibar / 45333
0600- / 9565kHz / R.Tupi? / 44444
0600- / 9630kHz / R.Aparecida / 34343
0600- / 9645kHz / R.Bandeirantes / 34343
0615- / 9675kHz / R.Cancao Nova / 44333
0640- / 4770kHz / R.Nigeria-Kaduna / 25332
0645- / 9705kHz / ORTN / 44444
0700- / 7255kHz / V.O.Nigeria / 43443
0730- / 3396kHz / R.Zimbabwe / 34333


RX : ICF-SW7600GR
ANT : 303WA-2

Mauritanieはいつにも増して変調浅く、ほぼ音無し状態。
Zanzibarはかなり遅い時間ながら強かった!ただ、音質がややおかしく、もしかしたらどっかの無変調キャリアがずっと乗っかってたのかも…?しかしながらひさびさに独特の音楽を堪能した。
31mbはあちこちでポルトガル語が。06時台前半がピークのようです。
3396kHzのZimbabweは自宅ではほとんど聴こえないが、ペディにおいてはもはやパイロット的な常連局。同期検波のロックがしばしば外れてしまうほどの信号強度ながら、いつも音楽が素晴らしく、陽が昇った後も、かなり遅くまで聴こえるのがウレシイ。

…もう自宅でワッチする気にならんデス(苦笑)。

12月20日(土)早朝 港ペディ

JUGEMテーマ:BCL


TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0500- / 4780kHz / R.djibouti / 45444
0510- / 4905kHz / RNT / 45333
0515- / 3320kHz / R.Sounder Grense / 35333
0540- / 3396kHz(LSB) / R.Zimbabwe / 35333
0615- / 9580kHz / Africa No.1 / 35333
0700- / 9420kHz / V.O.Greece / 44444
0730- / 4845kHz / R.Mauritanie / 34433
0740- / 9705kHz / ORTN / 44444
0745- / 13760kHz / R.Habana Cuba / 35333
0800- / 13680kHz / R.Nac.de Venezuela / 55544


RX : ICF-SW7600GR
ANT : 303WA-2

R30A、売り切れ

JUGEMテーマ:BCL


今朝はひさしぶりに05時台に起きたけど、アンテナが壊れたかと思うくらい入りが悪いです…。しょんぼり

ところでPalstarのR30Aが売り切れたようですねー。
とりあえずビョーキに打ち勝ちました、今回は(笑)。

4765kHz Tajik R.が入感中

JUGEMテーマ:BCL


今朝は04時起きして港でペディ
…の予定だったが、08時過ぎのいまのいままで爆睡(苦笑)。

舌打ちしながらRXのスイッチを入れると、ディスプレイに昨夜合わせてた4765kHzの表示が浮かび上がるとともに中東っぽい独特の音楽が聴こえる。
ID未確認ながらTajik R.だな、こりゃ。
こんな時間でも聴こえるとは知らなかった。

と書いてるうちに、1階でプラズマテレビがONしたようだす…。 orz

11月29日(土)早朝ミニペディ

JUGEMテーマ:BCL


土曜で仕事はお休みということで、またしても港にGOしてしまいました。
しかも早朝と夕方の2本立て!(笑)

言うまでもなく、今回もセットはICF-SW7600GR303WA-2のシンプルな組み合わせです。

まずは早朝分のLOG。

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0450- / 7110kHz / R.Ethiopia / 44444
0500- / 4770kHz / R.Nigeria-Kaduna / 24332
0515- / 3200kHz / TWR-Swaziland? / 25332
0515- / 4780kHz / R.Djibouti / 45333
0530- / 4930kHz / VOA-Botsuwana / 33333
0530- / 4940kHz / VOA-Sao Tome / 45433
0530- / 4965kHz / CVC-Zambia / 34232
0530- / 4976kHz / R.Uganda / 35332
0545- / 6110kHz / R.Fana / 34333
0615- / 4965kHz / CVC-Zambia / 44433
0630- / 9420kHz / V.O.Greece / 33433
0700- / 7255kHz / V.O.Nigeria / 32432
0730- / 4845kHz / R.Mauritanie / 34332
0745- / 9705kHz / ORTN / 43443


予定では04時には港に着いてワッチ開始のはずだったんですが、何だかんだで出発が遅れ、さらには港では珍走族のお兄ちゃんたちが張り切って爆音吹かしてはしゃいでてウルサイわで、結局スタートは前回同様05時直前でした。(ちなみに港には早朝の暗い中、釣りを楽しむ人がけっこういるので、珍走族もコチラに近づいてくることはないようです。)

で、感動的ですらあった初の早朝ミニペディのときと比べると、今朝はコンディションはイマイチ。
MauritanieやNiger(ORTN)など、沈んで聴こえなくなったかと思えば再浮上してきたり…と落ち着かないカンジでした。
そんな中、CVC-Zambiaは安定した状態で遅くまで入ってて、今朝の敢闘賞ですかね?
あと、LOGにはあげてませんが、9760kHzのCyprus B.C.らしい局も入ってました。しかしながらとにかく今朝は寒くて寒くて集中力も散漫で、追いかける気になれませんでした…。

夕方のLOGはあとでまた。

11/24(月)早朝ペディ敢行!

JUGEMテーマ:BCL


そのうちやりたいと思っていた早朝のアフリカ方面を狙ったミニペディ。 3連休最終日の今朝、ついに決行しました。
ログは以下のとおり。

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0455- / 4765kHz / Tajik.R / 44444
0500- / 4780kHz / R.Djibouti / 45333
0500- / 4845kHz / R.Mauritanie / 34433
0500- / 7450kHz / R.Makedonias / 44333
0500- / 7540kHz / Dange Mezopotamya / 44444
0515- / 4930kHz / VOA-Botsuwana / 54444
0515- / 4940kHz / VOA-Sao Tome / 44444
0515- / 4965kHz / CVC-Zambia / 44433
0515- / 4976kHz / R.Uganda / 35333
0530- / 6110kHz / R.Fana / 33333
0530- / 9420kHz / V.O.Greece / 43443
0530- / 9530kHz / R.Trans Mundial? / 33433
0545- / 9645kHz / R.Bandeiranes? / 34333
0530- / 9675kHz / R.Cancao Nova? / 44433
0530- / 11780kHz / R.Nac.de Amazonia? / 44333
0545- / 4780kHz / R.Djibouti / 45444
0600- / 9630kHz / R.Aparecida / 43443
0610- / 3345kHz / Channel Africa / 34333
0615- / 7255kHz / V.O.Nigeria / 44433
0615- / 9575kHz / R.Medi 1 / 45343
0615- / 9580kHz / Africa No.1 / 45444
0630- / 3396kHz / R.Zimbabwe / 34333
0710- / 4770kHz / R.Nigeria-Kaduna / 34333
0710- / 4845kHz / R.Mauritanie / 45333
0730- / 4976kHz / R.Uganda / 45333
0800- / 13680kHz / R.Nac.de Venezuela / 54444


ええ、お察しのとおり、汚れたノイズのない世界に興奮して、あちこちウロチョロしてしまいましたよ(笑)。

まずはDjibouti。自宅で聴くときはいつもノイズまみれで変調も乗ってないなぁ…ってカンジですが、実はこんなにしっかりと音を出してたんですねー。初めて知りました(苦笑)。国歌で終了の06時までヒジョーにクリアでした。
Mauritanieも自宅ではいつもボソボソとしたしゃべりに閉口するんですが、こちらもDjibouti同様に…まあDjiboutiより変調浅めですが…実はちゃんとやってたんですね。ちなみに05時台より07時台のほうがより良好に聴こえてました。
BotsuwanaとSao TomeのVOA2波も、自宅とは別次元の入り。とくに前者は違いが顕著でした。
Zambiaもクリアーで、タイミングよく“Radio Christian Voice”のIDも聴けました。
Ugandaも自宅とは段違い…って、同じようなこと何度も書くのがイヤになってきた(笑)。今朝はえらく遅くまでやってたようで、ペディも一息ついた0730ごろから0752に中国がいきなり出てくるまでノンストップのアフロ全開、きらきらポップスで楽しませてもらいました。
Kadunaは自宅ではなかなか入らない…というか、たぶんノイズに埋もれてるんだと思いますが、これも良好でしっかりIDもキャッチ。
90mbではChannnel Africaがひさびさに聴けましたが、個人的にはたぶん初受信のZimbabweがうれしかったですねー。
RXの7600GRの同期検波のロックがしばしば外れるものの、概ね良好な状態。悲しいかなヒアリング能力の低さからIDこそとれませんでしたが、0700に延々ジンバブエ国歌が流れたんで間違いないでしょう。

あと、MarumbyとAparecida以外はIDとれなかったので推定になりますが、ブラジルからの電波もけっこう入ってました。僕は南米方面は普段あまり聴かない(聴けない)のでアレなんですが、そっちに詳しい方が狙えばなかなか楽しめそうです。

ということで生活ノイズから脱出しての早朝ペディ、できれば受信音をアップしたいもんですがどうやればいいのかわからないんでやれません…。ナチャケナイ(^^ゞ
とにかく
「(SINPOの)N=2なんてあり得ない世界やん!」
てなカンジの感動の3時間でした。

と同時に、トホーもない虚無感に襲われて涙が出てきましたよ。(ビョーキとはいえ)この数ヶ月で高価な受信機やアンテナをせっせと揃えてきた自分のマヌケさに。
だって、今回のペディ、
ロケーションは自宅から車で10分チョイの熊本港、受信設備は購入価格2万円の“ラジオ”(ICF-SW7600GR)と1万円のパッシブホイップアンテナ(303WA-2)
ですぜ?
たったこれだけのセットに、大枚はたいて揃えたR8やらR75やら525やらの“受信機”やALAが束になってかかっても全然かなわないんですから…。orz

もう、なんか自宅でワッチなんてバカバカしくてやってられない気分ですよ、ははは困惑…。

いまさらですが…St.Helena Day

JUGEMテーマ:BCL


11/15 2000-2100(UTC) 11092.5kHz(USB)

日本時間では16日(日)早朝。
気合十分に04時半に起き出して、日本向けとされる05時の放送開始をじっと待ちました。
昨年のSt.Helena Dayは、BCL再開後間もない時期で、RXも中華ラジオのRP2100だったんでまったく別世界のハナシとして気にすらしませんでしたが、今年はバカみたいに装備(だけは)バッチシですからねぇ。
やったるでぇ〜!

ということで、ええ、聴こえましたよ。 R.St.Helena。
お目当ての日本向け0500-0600の放送は開始時点ではまったく聴こえず、0521から10分程度弱〜く入ったくらいで、「ま、こんなもんか…」。
しかし年に1度のことゆえ、そのまま“浮気”もせずに所有する全RXを11092.5kHzに合わせ続けてたところ、欧州向けとなった0600からの番組は開始からそれなりに“音”…。
結局、仕事のため受信を断念した0700まで、波はあったもののほぼ全時間イケちゃいました。
とくに0612からの、いきなりの浮上は劇的! IDもばっちりで嬉しさを抑えきれず、ついには影山OMの掲示板にもカキコという、身の程知らずなマネまでやってしまいました(爆)。

リスナーの年齢層の高さを反映してか(笑)、番組でかかった曲はアバやビートルズといった馴染み(懐かし)のポップスが多く、受信報告書の作成もなんとかなりそう。
けっこうな返信料(というか寄付)が必要とのことですが、早めに書きあげて投函しなくては!
…と思いつつ、ま〜だグズグズしております。(^^ゞ

11/8(土) ミニペディ

JUGEMテーマ:BCL


嫁はパート、子どもたちはひさびさに じぃ&ばぁちゃん宅にお預け。
ということで今日も小雨の中、ミニペディションに出かけてしまいました。

今回は阿蘇とかのリッパなところではなく、道中でそこそこ田舎の高台の公園を見つけてそこでやっちゃえ…といういいかげんなもの。 まあ一応テキトーな場所にはありついたんですが、後先のことは何も考えず闇雲にロケ探しやったおかげで、帰りは暗い中、ちょっと山道に迷ってコワかったっす(苦笑)。

装備は前回同様、ICF-SW7600GR303WA-2のコンビ。両者の接続には35BNC-ATをかましてます。

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

1545- / 6140kHz / R.Habana Cuba / 35333
1600- / 9565kHz / R.Tupi / 43333
1615- / 6070kHz / CVC-Chile / 33433
1630- / 9525kHz / Cotton Tree News / 32432
1640- / 9675kHz / R.Cancao Nova? / 23432
1645- / 6135kHz / R.Aparecida / 34333
1705- / 7325kHz(LSB) / Wantok R.Light / 44433
1815- / 17530kHz / R.Free Afghanistan / 45444


9565kHzのR.Tupiはかなり強く、同期検波のロックもガッチリってカンジで良好。6070kHzのChileは17時台のほうがよりベター。
僕的には今日の“主役”は7325kHzのWantok R.Light。 実はこの局は初受信でして、男性のエモーショナルな説教番組についつい引っ張られたイキオイで受信報告書まで作成してしまいました。
で、これ、普通にAM SYNCで聴くとちょっとロックが安定しなかったのと、USB側にヘンなノイズ(?)が出てたのでLSBで聴きましたが、これまで僕はICF-SW7600GRでのSSB受信って、正直ろくにやってなかったんですね。 いや、しかしけっこう使えますな、こりゃ。<まったくいまさらなハナシで恥ずかしい次第。(^^ゞ
BCL復帰後、何台もの受信機を衝動買いし続けてきて、それぞれを聴き比べたりするのは楽しいんですが、使いこなしという点ではまだまだ全然…な状態。
昔はたった1台、虎の子のラジオにかじりついてしゃぶりつくしていたわけで、近頃は当時のひたむきさを忘れてたことに気付き、ちょっと反省反省。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM