<< 地域差 | main | ICF-SW7600GR in ASO >>

スポンサーサイト

  • 2013.08.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


再開1周年記念企画!〜現行システム紹介(受信機編)

JUGEMテーマ:BCL


約25年ぶりにBCLを再開して1年ほど経ちました。
1万円の“棚ズレ品”中華ラジオ、RP-2100で始まったシステムも、気が付けばこんなに豪華な顔ぶれに…。

RX.RX.RX...
上段右がIC-R75、同左がR8、下段右上がR-5000、同下がNRD-525
(下段左上はICF-SW7600GR、同下は外部スピーカーSP-767)


ということで、今日は一般に通信型と呼ばれる4機種のインプレを入手順に簡単に書いてみます。
ちなみにアンテナは2階ベランダ手すりに設置したALA1530S+で、大進無線の4分配器で全機に接続しております。

<ICOM IC-R75=08年2月新品購入>
4機中、唯一の新品購入ゆえ安定感(安心感)は1で、やはりいざというときに頼りになるのはコイツか?
オプションのSSBワイドフィルタFL-257、同ナローフィルタFL-223とDSPユニットを追加済みで、自慢のT.PBTでキリキリと(笑)絞り上げれば混信やビート音から逃れられる。
操作性グー。巷の評判どおり内蔵SPの音質はオモチャ同然のクソだが、外部SPやヘッドホン使用でカバーできるのでこれは無問題。
つくりがイマイチ安っぽいのはもともとの価格からしょうがないとはいえ、ノイズ耐性は4機種では最もよくない。

<DRAKE R8=08年5月オクで入手>
IC-R75に比べるとずいぶん音が柔らかく、聴きやすい。といっても、リスニングのみならずDXにも充分対応できる。
同期検波機能あり、さらに6kHz・4kHz・2.3kHz・1.8kHz・0.5kHz(これはさすがにBCLには不適)と多彩なフィルタを標準装備、中でも1.8kHzフィルタのキレと音質(了解度)の両立ぶりは特筆もの。結果、混信がキツイときでもAMモードのまま対応している。
2VFOでパラ比較等に便利だが、同期検波スイッチはVFO切替のたびにあらためてONしなければならないのは面倒。
面倒といえば、フィルタ切替、受信モード切替はひとつのボタンを何度もプッシュせねばならず、もっとメンドイ。もっとも上記のとおり、1.8kHzフィルタのキレに甘えて、SSBで受信する頻度は低いが…。
ノイズブランカはこれまでまったくといっていいほどその恩恵にあずかったことはなく、また、ノッチは効くが所有機はガリあり。さらに31mbの感度落ちがあるのがなんとも残念。同バンド受信に際してはプリアンプONが必須だが、それでも微弱電波のキャッチはキビシく、あきらめている。
内蔵電池切れで時計もメモリーも利かないが、これは別にどーでもいい。
もともとの音質のよさに加え、さらに同期検波もついているのでノイズ・フェージングに強い。

<KENWOOD R-5000=08年7月オクで入手>
この機種が現役のころは僕はすっかりBCLから離れていたのだが、当時を知るOMさんたちからなかなかの評価を得ていたらしいのが気になり、首尾よく状態の良いものをゲット。ほどなくオプションフィルタ(1.8kHz)の中古もタイミングよく入手でき、そのイキオイでケンウッドサポートセンターに送り込んだ。メンテナンスが効いたか、こと感度に関しては4機種中トップ(のような気がする)。
当然オプションフィルタ追加も性能アップに貢献しているが、R8の1.8kHzを味わってしまってるので…ちょっとインパクトが薄く損をしてるカンジ。
せっかくのIFシフトがAMでは使えないこと、ノッチは有効ではるが極端に音質が変わってしまうこと、いくら高感度とはいえSメーターが景気よく振れすぎること(笑)あたりがマイナスポイント。
入手前のこちらの期待がちょっと大きすぎたような気がしないでもないが、いまだメーカーサポートがある点が心強い。(もっともいつまで対応するのか不明だが…。)
R8やNRD-525に比べるとひと回り小さいが、しっかりしたつくりでずっしり感あり。

<JRC NRD-525=08年9月オクで入手>
3台もあればもう充分だろ…なはずだが、ブレーキの壊れたダンプカーのごとく“ビョーキ”はとまらない(笑)。
“BCLにはまったからには一度はJRCを所有してみたい”との思いがむくむくと頭をもたげ、しかしながら545には手が出ないし、というわけで選ばれたのが本機種。
操作感はさすがと思わせる重厚さ。PBSとノッチの組み合わせで混信、ビート音の軽減がかなり可能。個人的に感動したのがSSBの復調。他機種に比べると非常に良好で、極限状態でモノを言いそう。もっともそういう極限状態で根気強くワッチし続ける根性が現オーナーにあるかどうかは疑問であるが(笑)。
残念なのはVFOがひとつしかないことと、(所有機特有と思うが)時折シャーという高域のヒスノイズが気になる場合があること。録音端子からの音声も同様でちょっと使えない。あと、POWERスイッチが貧弱でそのうち折れそうな気がしないでもない(笑)。
前オーナーによると92年新品購入だそうで、すでに15年以上経過してるゆえにガタもきてるようだが、JRCへのあこがれと最新入手ということから、現時点ではメインRXの座についている。


…とまあ、我ながらヒドイ散財ぶりです。(^^ゞ

近いうちにその他の使用機器についても紹介します。気が向けば、ですが。

スポンサーサイト

  • 2013.08.02 Friday
  • -
  • 21:40
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんばんは。
ええ眺めですねぇ。
私も色々欲しいですが、その前にアンテナです。先立つものが。。。
  • niima
  • 2008/10/21 11:30 PM
niimaさん、コメントありがとうございます。
アンテナ…、たしかniimaさんもALAをお使いと記憶しておりますが?
設置の問題なんでしょうか?

かく言う僕も、ALA2階ベランダ設置で高さが稼げてないゆえか、掲示板等で拝見する方々の良好なSINPOを見てため息をつくことがしばしばです。(^^ゞ
お互いに頑張りましょう!
  • 狸王
  • 2008/10/25 6:01 AM
狸王さん、はじめまして。
すばらしいRX群ですね。
「1万円ポッキリのALA」にはうけました。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • KUUGA
  • 2008/11/15 1:06 PM
KUUGAさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
レスが遅れて申し訳ございません。

RXは素晴らしくともオーナーの技術がそれについていっておりませんので…(苦笑)。
まあのんびり末永くBCLを楽しんでいきたいと思っております。
これからもよろしくお願いします。
  • 狸王
  • 2008/11/17 8:31 PM
はじめまして、岩田と申します。

10/19に三才ブックスから発売される「BCL機種別特集」においてHF-150を取り上げることなり、検索したところ貴サイトにたどり着きました。

つきましては、本書内でご紹介申し上げたく存じますので、不躾ながらよろしくお願いいたします。

なお、このお願いがメールなどで重複している場合は、どうかご容赦くださいませ。
何度も申し訳ございません。
HF-150ではなく、R-5000でした。
訂正いたします。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM